柳生新陰流継承者である柳生宗厳(石舟斎)の正室、鍋(春桃御前)が創めた、
といわれる柳生焼は
井倉家を継承者として今に残っています

大和柳生藩の初代藩主、柳生但馬守宗矩は宗厳の子であり
柳生三厳(十兵衛)は孫に当たります




022

撮影データ

撮影日時:2015.07.29  13:21
焦点距離:14mm
絞り値:f/9
シャッタースピード:1/125秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

優れた柳生焼が有名にならなかった…させなかったのは
柳生家の思想を紐解けば
なんとなくわかるような気がします


023

撮影データ

撮影日時:2015.07.29  13:22
焦点距離:24mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/60秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

ため息の出るような作品が
座敷にも展示されていました


017

撮影データ

撮影日時:2015.07.29  13:17
焦点距離:14mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/20秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED


予約を入れて教えていただいた製法は
これまでに体験したことのないやり方でした

不覚にもこの日、腰を痛めてしまいます


055

撮影データ

撮影日時:2015.07.29  16:52
焦点距離:70mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/30秒
露出補正:+5.0
ISO感度:400
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
お願いしたら乾燥段階のものを
見せていただくことができました

相手が素人ですから陶匠は褒めてくださるのですが
納得のいくものではありませんでした
陥りやすい、垂れ下がる失敗に至らなかったことが救いです


048

撮影データ

撮影日時:2015.09.02  15:40
焦点距離:60mm
絞り値:f/7.1
シャッタースピード:1/20秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

辰砂(しんしゃ)と呼ばれる釉薬で模様をつけてくださいます

還元焼成段階で赤色が出ないことも少なくないそうです
このプロセスは、私の作品を引き立たせてくださるものです


002

撮影データ

撮影日時:2015.10.12  08:35
焦点距離:60mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/30秒
露出補正:+5.0
ISO感度:200
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

満足には程遠い出来上がりでしたが
今後の課題とします

             実際は25.9cm径(約八寸五分)に仕上がっております

003

撮影データ

撮影日時:2015.10.12  08:35
焦点距離:60mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/30秒
露出補正:+5.0
ISO感度:200
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED




明るく爽やかで魅力的な奥様がまず対応なさってくださいます
ですが
さらなる特筆すべきことは、ご子息でいらっしゃる当代です

かつてサラリーマン時代、部下や後輩にどう教えるか悩んだものです
人に教えることの難しさを知っているつもりです
当代陶匠は実にわかりやすく説明、私は腰を痛めていくことも忘れて夢中でした




柳生堂窯

奈良市柳生下町397番地

掲載目的の撮影許可をいただいております