席が決まっているので焦る必要はないのですが
それでも皆さん、並んでいらっしゃいます

撮影したい私は真っ先に入りたい衝動を抑えて並びました



023

撮影データ

撮影日時:2015.10.28  10:34
焦点距離:14mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/25秒
露出補正:なし
ISO感度:1250
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
左から3番目、前から2列目に
TENBA のメッセンジャーバッグを置いている席です

おかげさまで歌舞伎役者を間近に見ることができました



025

撮影データ

撮影日時:2015.10.28  10:35
焦点距離:14mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/25秒
露出補正:+5.0
ISO感度:1000
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

いろんなところにさりげなく「眼」が貼られていました

江戸三座の中で唯一、
最も古い中村屋だけが幕に白生地を使ったそうです


032

撮影データ

撮影日時:2015.10.28  14:46
焦点距離:58mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/25秒
露出補正:+5.0
ISO感度:800
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G



スタッフの女性が衣装に「眼」を付けていらっしゃり、
多くの方々の撮影要望に
にこやかな笑みを携えて応じてくださいます


033

撮影データ

撮影日時:2015.10.28  14:47
焦点距離:58mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/25秒
露出補正:+5.0
ISO感度:800
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G


ちょうちんには
中村屋の紋である「角切銀杏」があしらわれていました


034

撮影データ

撮影日時:2015.10.28  14:48
焦点距離:58mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/25秒
露出補正:+5.0
ISO感度:250
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G


ホテルニューオータニやリーガロイヤルホテルで利用させていただいている、
「道頓堀 今井」の弁当です

正直なところ、このような場所での弁当に期待をしていませんでした
刺身のつけ出汁、下に隠した保冷剤など心配りが感じられます
この3,000円は妥当以上、評価に値するものと思います


026

撮影データ

撮影日時:2015.10.28  12:00
焦点距離:60mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/25秒
露出補正:+5.0
ISO感度:1000
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED


「江戸みやげ 狐狸狐狸(こりこり)ばなし」

元々歌舞伎演目ではなく、昭和36年に東京宝塚劇場で初演されたものです
中村扇雀演じる夫、伊之助の執着にうんざりした中村七之助である妻、おきわは
中村橋之助の生臭坊主、法印重善と不倫関係にあります

やがて法印重善は仲介者を経て金持ちの娘と結ばれようとしますが
嫉妬するおきわに、亭主を殺してきたら一緒になってやると座興めいた発言、
おきわは亭主の商売道具、手ぬぐいの染め粉で毒殺を謀ります

死んだ亭主の葬儀が行われますが、舞台は何度も幕を引き回転します
それにつれて様相が二転三転、注視の気を抜くことができません
現実にありそうな話、あなおそろしや・・・





大阪平成中村座

平成中村座 大坂の陣400年記念
平成27年10月25日から11月26日まで

公式ウェブサイト
掲載目的の撮影許可をいただいております



芸の才能があっても気遣いがなければ、
演技者や指導者の自己満足に過ぎないと思っております
如何なる才能ありしも以って範とするに足らず、というところでしょうか

トイレは物理的に女性側の方が混雑、ましてやほとんどが女性客の歌舞伎小屋です
「平成中村座はトイレのご案内に最も力を入れてございま~す」
笑ってしまいました・・・ですがその案内方法に至っては、例を見ないすばらしさでした

一事が万事、という言葉があります
さまざまなところで気遣いを感じました
高参画度集団のなせる技、歌舞伎役者の演技だけでなくすべてに感動させていただきました