道頓堀は
最も大阪らしい場所ではないか、と思うのです
この猥雑さに心安らぐ方も少なくないようです


戎橋筋商店街から東、日本橋方面を撮影しました


006

撮影データ

撮影日時:2016.01.13  10:14
焦点距離:58mm
絞り値:f/2.8
シャッタースピード:1/160秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:ヴィヴィッド
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G


戎橋筋から御堂筋までのわずかな距離の間に
大林組設計のネオ・ルネッサンス様式建築物があります


大正12年(1923年)に誕生した大阪松竹座です


009

撮影データ

撮影日時:2016.01.13  10:20
焦点距離:58mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/80秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:ヴィヴィッド
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

歌舞伎に、さほどの知識を持ち合わせておらず
演目「鳴神」の名を知っていた程度です
それよりも芝居「らくだ」「芝浜皮財布」に興味がありました

どちらも落語ネタ、
「らくだ」は故3代目桂米朝で、
「芝浜」は故7代目立川談志のものが好きです


同行者の希望もあって昼の部を選択しました

昨日までの公演です
脚をお運びになる方がいらっしゃるとネタバレの危惧、
本日の投稿とさせていただきました


011

撮影データ

撮影日時:2016.01.13  10:22
焦点距離:58mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/80秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:ヴィヴィッド
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G


早い時期に取得しておりましたので
望む席につくことができました


DSC_3723

撮影データ不詳
使用機材:SHARP SH-01G


観劇の合間にいただく食事も楽しみのひとつです
待ち合わせ前、既に
同行者が右側の食事を選んでくださっていました


役者が幕の間に食べる食事は
幕の内弁当と呼ばれていました
おにぎりに胡麻塩が発祥、と聞いております




005

撮影データ

撮影日時:2016.01.13  10:12
焦点距離:58mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/60秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:ヴィヴィッド
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G


扉が開いた瞬間です

この時点で
かなりの方々がお越しでいらっしゃいました


012

撮影データ

撮影日時:2016.01.13  10:27
焦点距離:58mm
絞り値:f/3.2
シャッタースピード:1/25秒
露出補正:なし
ISO感度:100相当
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:ヴィヴィッド
使用機材:Nikon D3S
使用レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G



大阪松竹座
http://www.shochiku.co.jp/ (松竹株式会社HP)
大阪市中央区道頓堀一丁目9番19号




「らくだ」は上方落語が江戸へ
「芝浜」は江戸落語が上方へ伝わったもの、と記憶しております

故3代目桂米朝の演じた「らくだ」は道具屋が次第に酔い、
酒で失った過去を語り始めます

そのくだりが私にはドストエフスキーの「罪と罰」に出てくる、
マルメラードフと重なります

小心者が酒の力で豪語するに至りますが
今回、私はそのシーンを期待しておりましたので残念でした
しかしながら、すばらしい演技に十分な価値を感じました