隣接自治体である大阪府歌垣村(現能勢町)原産の品種、
銀寄(ぎんよせ)は、
今では丹波栗の有名な品種です

天候の影響を受けやすく収穫高が読みにくい短所もありますが
ショ糖成分が多く、
他の品種よりも甘く評価の高い品種です

               この画像ですが、実は銀寄品種ではありません
               撮影日10月26日の入手ですが既に銀寄品種が売り切れており
               農家の方から他の品種を分けていただきました

005

撮影データ

撮影日時:2016.10.26  20:54
焦点距離:105mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/125秒
露出補正:なし
ISO感度:100
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:ヴィヴィッド
使用機材:Nikon D5
使用レンズ:Nikon AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G
強制発光:Nikon SB-5000  左側面よりリモート照



渋皮を破らないように鬼皮を剥いて重曹で茹で
筋を丁寧に取ります
コツは渋皮を破らないこと、でしょうか


004_01

撮影データ

撮影日時:2016.10.09  07:16
焦点距離:60mm
絞り値:f/3
シャッタースピード:1/30秒
露出補正:なし
ISO感度:250
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D5
使用レンズ:Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

栗が湯に踊らないよう落とし蓋をして
わずかな料理酒と砂糖で煮ます

自分で捻った丹波立杭焼の皿へ盛り付けてみました


004

撮影データ

撮影日時:2016.10.10  06:59
焦点距離:105mm
絞り値:f/11
シャッタースピード:1/125秒
露出補正:なし
ISO感度:100
ホワイトバランス:オート
ピクチャーコントロール:スタンダード
使用機材:Nikon D5
使用レンズ:Nikon AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G




取引先にお配りすると喜んでいただけました
自分の味見分に数個、残しておきました
カロリーが高いのであります A^^);